ヒップホップダンスを基本から学んで、27日間でプロ並みに上達する方法。

幅広い層から注目

少し前までは、ヒップホップダンスは若者の遊びというイメージをお持ちの方も多かったと思いますが、現在は本当に状況が変わりました。

 

別のページでも触れましたが、現在は第5次のダンスブームなどと言われています。

 

では、第1次のダンスブームはいつだったかというと、1970年代まで遡ります。その頃は、テレビで「ソウル・トレイン」というダンス番組が放映されていて、多くの若者がダンスに熱中していたのです。その若者たちは現在なんと、50代・60代のはず!つまり、その世代にも、ダンスの魅力を十二分に分かっている方が多くいるということなんです。

 

そして今や、30代から60代の多くの方が、趣味としてヒップホップダンスをしていたり、10代から20代にかけては、ヒップホップダンスがもはやライフスタイルとも呼べる状態になっていたり、10歳以下の子供では、ヒップホップダンスが習いごとの代表格になっていたりします。テレビ番組でも、ヒップホップダンスを見ない日はないと言っても過言ではありません。

 

このように、本当に幅広く、ヒップホップダンスをやる方が増えているんです。

 

また、学校の授業でやるようになっただけではなく、最近の学校では、ダンス部があるのも全く珍しくありませんし、必修科目化(義務教育化)される前から、体育の授業でダンスを行うところも多くありました。

 

早稲田大学など、有名な大学にもダンスサークルが必ず存在し、一つのサークルでも参加人数は100名を超えるという話もあります。

 

ヒップホップダンスが今、どれほど注目を集めているかが、よくお分かりいただけましたでしょうか?

27日間ヒップホップダンス上達プログラム

ヒップホップダンスを基本から学ぶ!
ダンススクールでは絶対に教えてもらえない
27日間短期上達プログラム
ヒップホップダンス,基本,上達,ダンス,ヒップホップ,必修化,hiphop,初心者