ヒップホップダンスを基本から学んで、27日間でプロ並みに上達する方法。

ヒップホップダンスあれこれ

そもそもヒップホップダンスとは

「ヒップホップ」をアルファベットで書くと、「hip hop」となります。そもそもこれは造語らしいので、ここでhipとhopに分けて考えることが正解かどうかは分かりませんが、あえてそれぞれを辞書で調べてみると、雰囲気がつかみやすくなりそうです。「hip」は「最先端の」とか「進んでいる」「かっこいい」と...

≫続きを読む

 

幅広い層から注目

少し前までは、ヒップホップダンスは若者の遊びというイメージをお持ちの方も多かったと思いますが、現在は本当に状況が変わりました。別のページでも触れましたが、現在は第5次のダンスブームなどと言われています。では、第1次のダンスブームはいつだったかというと、1970年代まで遡ります。その頃は、テレビで「ソ...

≫続きを読む

 

ヒップホップダンスの様々な顔

ヒップホップダンスは、ヒップホップミュージックの誕生と共に、それと歩を合わせるように発展してきました。このように、音楽と切っても切れない、関連する音楽と共に発展してきたダンスというのは、堅苦しい決まりごとがありません。ヒップホップダンスにしても、ジャズやバレエなど、果ては民族舞踊まで、様々な要素が取...

≫続きを読む

 

ヒップホップダンスの低年齢化

「幅広い層から注目」のページでも触れましたが、今やヒップホップダンスは60代の方まで楽しんでいるのではないかと言われています。本当に幅広い層に親しまれているようです。一方で低年齢化も進み、4・5歳でヒップホップダンスを始めたという人も珍しくないような世の中になりました。大人顔負けのダンスを披露してい...

≫続きを読む

 

ヒップホップダンスとファッションの共通性

70年代にアメリカ・ニューヨークで生まれたと言われるヒップホップ。そのヒップホップに合わせて踊るヒップホップダンスは、ブレイクダンスやソウルダンス、はたまたレゲエやR&Bなど、様々なダンスの影響を受けて進化してきました。そして今もなお、進化し続けているのです。まだまだ今後大きな変貌を遂げていくとも言...

≫続きを読む

 

ダンスの中毒性?

ダンスは中毒性がある、という人がいます。それは、観るほうも、やるほうも、です。確かに、オシャレで洗練された素晴らしいダンスは、何度も何度も観たくなるものです。さらにそれを、自分で踊れるとなれば、なるほどそれは最高の心地良さ、快感と言っても過言ではありません。何よりその楽しさが、病み付きになる可能性を...

≫続きを読む

 

スクールでのトラブル

「ヒップホップダンスはお金がかかる!?」のページでも触れた通り、ダンススクールやスタジオに通うというのは、意外にお金がかかります。ダンススクールなどのトラブルでも、このお金に関することが一番多いようです。高い金額を支払うと、どうしてもそれに見合ったものを求めてしまうため、「この金額でこの内容?」とい...

≫続きを読む

 

体力は必要

ヒップホップダンスに限らずですが、ダンスを踊るのには、一定の体力が必要です。もちろん、何十分にも渡って全力に近いスピードで動き続けるサッカーやバスケットボール、何時間も走り続けるマラソンなどをやるような、超人的な体力が必要という訳ではありませんし、過度な心配はいらないのですが。それでも、ダンスを止め...

≫続きを読む

 

ダンスは共通言語

ビシッと決まったダンスは、観ていて気持ちがいいものです。特に複数人で、その複雑な動きが一糸乱れず揃っていたりすると、観ているほうも快感だったりします。そして何より素晴らしいのは、ダンスが万国共通であること。著名なダンサーの中にも、ダンスの一番良いと思うところに、世界が一つになれること、といった特徴を...

≫続きを読む

 

ブレイクダンスとは

ラップ・DJ・グラフィティと共に、ヒップホップの4大要素に数えられているブレイクダンス。英語では「breakin’」(ブレイキン)とされ、WikiPediaによれば「オールドスクール・ヒップホップに分類されるストリートダンスの一つ」となっています。1980年代に、同名の映画(「ブレイクダンス」)が公...

≫続きを読む

 

ヒップホップダンスでダイエット?

昨今では、「ヒップホップダンスで楽しくエクササイズ!」などと謳った、ダイエット方法も流行っているようです。ヒップホップダンスを踊り続けることは、それなりに体力を必要とするため、汗をかいたりすることで必然的にダイエットに効果があるということもあるのでしょうが、さらにはその動き、すなわちしかるべき体の部...

≫続きを読む

 

ヒップホップダンスでダイエット?(その2)

ヒップホップダンスをやるとどれくらいのカロリーが消費出来るのか?という問いに対しては、当然人によっても違いますし、いろいろな説があるようですが、だいたい1時間で300kcal前後というのが相場のようです。え?そんなもんなの?というお声もありそうですね。ただ、性別や体重の違いによっても消費カロリーは大...

≫続きを読む

 

決して若者だけじゃない

スポーツにせよ何にせよ、体を動かすことは、常に怪我をするリスクを伴うということです。特にヒップホップダンスのように、全身を使い、かつ手首や足首など体中の関節を駆使して表現するような動きであれば、それは尚更です。ヒップホップダンスは、若者がやるものといったイメージが強いですが、決してそんなことはありま...

≫続きを読む

 

ダンスの振り付けと著作権

ダンスをやっていると、テレビで観た有名なダンサーのカッコいい振り付けなどを、まんまマネしてみたくなりますよね。そんな時、ダンスの振り付けにも著作権って認められるのだろうか?という疑問が、ふと頭をよぎったことがある方はいらっしゃいませんでしょうか(あまりいないと思いますが(笑))。結論から言うと、ダン...

≫続きを読む

 

日本のレベル

世界的に盛んなヒップホップダンスですが、では日本のヒップホップダンスは世界から見てどれくらいのレベルにあるのかというのは、日本人として気になるところではあります。世界中で行われているヒップホップダンスの大会を見れば、「ヒップホップダンスの低年齢化」のページでも触れた通り、日本人やそのチームが上位入賞...

≫続きを読む

 

何故、ダンスが必修科目化されたのか

ところで、小中学校の学習指導要領が改訂され、ヒップホップダンスが必修科目化(義務教育化)されたことは、トップページを始め当サイトでもそこここで触れています。もはやそうなって久しいですが、改めて、それ(ヒップホップダンスの必修科目化)が実現した背景というものを、ご存知でしょうか?ヒップホップダンスを学...

≫続きを読む

 

幼稚園でもヒップホップダンス

昨今、ダンススクールを開いていたり、そこで教えたりしているインストラクターが、地元の幼稚園で園児たちに対してヒップホップダンス教室を開くといったイベントがしばしば行われ、話題となっているようです。地域との密着や融合を目的とした取り組みの一環として行われることも多いようですが、ヒップホップダンスを題材...

≫続きを読む

 

人生は運動である

「決して若者だけじゃない」や「幅広い層から注目」のページでも再三触れている通り、今やヒップホップダンスは若者に限らず、年齢や年代を問わず、幅広い層から注目され、そして実際に親しまれているのです。その傾向は日本のみならず、海外でも同じのようで、定年を迎えた60歳以上の方たちで結成されたヒップホップグル...

≫続きを読む

 

ヒップホップダンスは恋愛に発展しやすい?

複数の人間が、同じ環境の下、喜びや悲しみ、苦しみや楽しみ、などなどの感情を共に経験すると、仲が良くなりやすいと言われています。これは、男女間でも同じこと、一緒に映画を観て共感したり、お化け屋敷などで恐怖を共有したりした男女が、恋愛関係に陥りやすいと言われているのは、結局同じ理由からなのです。そんな中...

≫続きを読む