ヒップホップダンスを基本から学んで、27日間でプロ並みに上達する方法。

ダンスにまつわるエピソード(その10)

(※とある女性の手記です)

 

彼のスーツ姿は、初めて見た。

 

ヒップホップダンスを踊っている姿しかほとんどイメージになく、実際にそれ相応の格好しか見たことがない。

 

今日、大事な人と大事な話があるというのは聞いていた。そこで仕方なく、慣れないスーツを引っ張り出してきたらしい。

 

いつもと違うその感じ、イメージとのギャップに、ちょっとドキッとして胸がときめいたのは事実だ。

 

大事な人って誰?との問いに、今日まで彼は一切答えてくれなかった。仕事絡みだろうとは勝手に想像していたが。

 

私は、ドキッとしてしまったことなど微塵も感じさせぬよう、平静を装って改めて聞いてみた。

 

「大事な人って誰なのよ?その人と仕事の話でもするの?」

 

彼は、私から目を逸らし、やはり黙って答えてくれない。

 

「ねぇ。誰なの?教えてよー。」

 

その瞬間、彼が姿勢を正して私のほうへ向き直った。

 

「お前だよ。大事な人はお前。大事な話は、俺たちの将来についてだ。結婚してくれ。」

 

ヒップホップダンス,基本,上達,ダンス,ヒップホップ,必修化,hiphop,初心者

 

トップページに戻る