ヒップホップダンスを基本から学んで、27日間でプロ並みに上達する方法。

ダンスにまつわるエピソード(その7)

(※とある男性の手記です)

 

おれはヒップホップダンスが今みたいに流行る前からずっと踊ってんねん。昨日今日踊り始めたにわかとは違うねん。

 

最近は学校でもヒップホップやり始めたせいか、ダンサーもどきが多すぎんねん。おれから言わせたら得意になって踊ってる奴らのほとんどがもどきやね。ただおれは、それを嘆かわしいとか嫌だとか思ったことは一度もなくて、逆に嬉しいくらいやねん。それだけヒップホップ踊る奴が増えて、世間的にも一般的になってきたってことで、おれの活躍出来るフィールドも拡がるっちゅうもんや。

 

今はもどきでも、いつか本物のヒップホップダンサーになったらええねん。そのためにはどうしたらいいかって、それはもうただひたすら練習するしかないねん。1に練習、2に練習、3・4も練習、5も練習やね。毎日毎日、何時間も、へとへとになるまで踊ったらええねん。おれはそうしてきたから今があるわけ。

 

これだけヒップホップダンスが流行ると、いろいろなところで教えてくれって頼まれることも多い。もちろん喜んで教えるけど、一番大事なのは個々人の努力やね。教わったことを軸に、あとはどれだけ気持ちを持って自分自身が努力出来るかっていう。教えられてるその場だけ頑張ってもダメ。学校の勉強と同じで、復習してしっかり自分のものにすることが大事やろうね。お前が勉強云々言うなって言われそうだけど(笑)。

 

とにかく上手くなるには練習しかないんや。壁にぶつかっても、スランプになっても、そんな時こそひたすら練習。頭であれこれ考えるより、体動かせや、って感じね。おれの場合、頭使うのは苦手で体動かすほうが何百倍も得意やから、そうするしかなかったっていうのもあるけど(笑)。

 

トップページに戻る