ヒップホップダンス 基本 副次効果

ヒップホップダンスの副次効果

ヒップホップダンスが上達し、踊れるようになると、実は様々な「副次効果」があるのです。

 

ダンスが上達するとモテる!?」などは顕著で分かりやすい例かもしれませんね(笑)。ただ、今回はそういった副次効果ではなく、心身的なものについてです。

 

分かりやすいところで言うと、「ヒップホップダンスでダイエット?」や「ヒップホップダンスでダイエット?(その2)」といったページでもご紹介差し上げた通り、ダイエットについては大きな効果が見込めるものと思われます。ざっくり言い換えれば、それだけやはり健康に非常に良いという訳です。

 

では具体的にどのように健康に良いかというと、まずは音楽を聴きながらダンスをするということが、脳の活性化を促し、それがひいては疲労感を軽減する効果に繋がるようです。

 

また、上達に向けた意欲やその達成感、仲間との一体感などは、間違いなく精神的にプラスに働き、これもまた脳を活性化させ、血行が良くなるなどの様々な肉体的効果が見られるようになるでしょう。

 

もちろん、そのステップや独特の動きにより体の各部に強い負荷がかかるため、関節や筋肉も鍛えられます。また、それもあって、怪我をしにくい体になります。さらに、音楽を聴きながら、すなわち脳を活性化させながらそれを行うことで、その効果が何倍にもなるという話もあるのです。

 

こうやって考えてみると、何やら良いことづくめのような気もしますが、そうです、良いことづくめなのです(笑)。とはいえ人によってはもちろん、芳しくない副次効果もあるかもしれません。こちらは、副次効果というより「副作用」と呼んだほうがいいかもしれませんが。

 

良く聞くところでは、ヒップホップミュージックを聴くと、自然と体が動き出してしまうというもの。街中や人前であることを問わず、気が付くと無意識にリズムに合わせて動いているので、ちょっと恥ずかしい思いをしたという人も(笑)。

 

また、「ダンスの中毒性?」などは、まさに副作用かも(笑)。病み付きになって、他のことがおろそかになってしまっても、当サイトでは責任を持てませんので(笑)。

27日間ヒップホップダンス上達プログラム

ヒップホップダンスを基本から学ぶ!
ダンススクールでは絶対に教えてもらえない
27日間短期上達プログラム
ヒップホップダンス,基本,上達,ダンス,ヒップホップ,必修化,hiphop,初心者