ヒップホップダンスを基本から学んで、27日間でプロ並みに上達する方法。

ヒップホップダンスを基本から学ぶために

プロ並みに踊れる5つの理由

ウザいほど丁寧な解説好きな時間、好きな日に続けることが出来る自分のペースで繰り返し反復練習が出来る追加料金が発生しない何より、楽しい!!!これらが、プロ並みに踊れる5つの理由なのですが、少々、解説が必要な項目もあるかと思います。詳しくは、下にあるボタンより進んだレターページをお読みください。特に、最...

≫続きを読む

 

こんなあなたにオススメ

みんなに内緒でヒップホップダンスをマスターしたい!若い頃やりたかったヒップホップダンスを諦めきれない!うちの子もEXILEや安室ちゃんみたいにかっこいいダンスを!ヒップホップダンスに必要なリズム感がない!もともと運動が苦手!市販のヒップホップダンスのDVDでは分からなかった!ヒップホップダンスは有酸...

≫続きを読む

 

授業でやるからだけではない

ヒップホップダンスが注目されている理由は、学校の授業でやるようになったから(義務教育化されたから)だけではありません。OLなど若い大人の女性が、ダイエットやスタイル改善を目的に習い始めることも多く、また、ダンススクールに通ってダンスを習いたいけど、若い子が多いし、恥ずかしくて通えないという、30代・...

≫続きを読む

 

やっぱり先生も苦労している

学習指導要領の改定で必修科目となったダンス。その中でも、親しみやすい「現代的なリズムのダンス」、つまりはヒップホップダンスを選択した学校が多いそうです。その一方で、ヒップホップダンスなどやったことがないという先生は多く、戸惑いと不安の中で、DVDや参考書などで独学をつづけているケースは、やっぱり多々...

≫続きを読む

 

体が硬いと踊れない?

「自分は体が硬いから、ダンスがうまく出来ない」という人がいます。本当に、体が硬いと、某女優さんの昔の歌のように、「ダンスはうまく踊れない」のでしょうか?確かに「体が柔らかいに越したことはない」という意見があるのも事実です。ただ、聞いた話では、ヒップホップダンスで有名な人の中にも、体が硬い人はいるそう...

≫続きを読む

 

「27日間」はなかなか無い?

ヒップホップダンスを上達させるための教材やDVDは、日毎に増え、今や百花繚乱、玉石混交。それだけ、ニーズが増え、それを求める人間が多くなっている証拠。それでも、「27日間」という短期間での上達を謳ったものは、そう多くはないようです。それも、初心者に毛が生えた程度にはすぐなれます!といったものではなく...

≫続きを読む

 

これだけで十分

とにかく基本から、そして短期間でヒップホップダンスをマスターしたいのなら、この上達プログラムだけで十分です。並行して、ダンス教室などに通ったり、別の教材などを見たりする必要はありません。そしてもちろん、基本だけではありません。ヒップホップダンスの「基本」から始まり、「応用」、そして実践的な「振付」ま...

≫続きを読む

 

一番必要なもの

ダンスを始めるにあたって、一番必要なものとはいったい何でしょうか。それは、柔らかい体でも、力強い筋肉でも、強靭な体力でもありません。リズム感やセンス、才能ですらありません。それは、上手くなりたい!上達したい!という強い気持ちです。何があっても続けるんだ!やり遂げるんだ!という情熱的な信念です。ダンス...

≫続きを読む

 

なかなか上手くならない時は

ヒップホップダンスに限らない話ですが、ダンスがなかなか上手くならないという人がいます。ただ、そういう人に限って、練習にいまいち本腰で取り掛かっていないことが多いのも事実です。そして、ダンスの練習で一番大事なのは、基本を徹底してやる事だという人が多いです。基本を徹底してやって、それを身につけた上で、あ...

≫続きを読む

 

結局は個々人の努力が大事

ダンススクールに通う、知り合いのダンサーに教わる、DVDなどの教材を使用する・・・ヒップホップダンス上達のためには、様々な手段があります。そんな中、ヒップホップダンス上達のポイントは、どこにあると言われているかご存知でしょうか?実は「どれだけ自分で練習したか」にかかっていると言われています。つまり結...

≫続きを読む

 

ヒップホップダンスはお金がかかる!?

ヒップホップダンスがどれほど注目されているかは、他のページにも散々書きましたので、もはやお分かりいただけたのではないかと思います。今やダンスは、子供に習わせたい事(習い事)のランキングで、常に上位にランキングされているほどなのですが、実は意外にお金がかかります。一般的なヒップホップダンスのスクールで...

≫続きを読む

 

基本を見直す

ヒップホップダンスに限らず、音楽に合わせて踊るダンスは、何より音と動きのマッチングが重要になります。音楽と実際の動きとの共鳴、とでも申しましょうか。つまり観る側にとっては、聴覚と視覚がいかに気持ち良くマッチングするか(踊る側から言えば、観る側の聴覚と視覚をいかに気持ち良くマッチングさせるか)というこ...

≫続きを読む

 

どんどん楽しくなる

ヒップホップダンスに限らずですが、踊ること自体が楽しいことであって、実は下手でもダンスをしていると凄く楽しかったりするものです。その状態で、少しでも上手くなると、どうなるか。実は、もっともっと楽しくなるのです。一度その味を知ってしまうと、病みつきになります。こうやって人は、ダンスにはまっていくのです...

≫続きを読む

 

ストレス解消にも

体を動かすことがストレス解消に繋がるというのは、どなたでもご存知ですよね。特に、全身を動かすダンスは、ストレス解消にはとてもいいのです。中でも、割と激しい動きをするヒップホップダンスは、ストレス解消に最適だと言われています。また、音楽鑑賞がストレス解消だという方もいらっしゃるでしょう。ヒップホップダ...

≫続きを読む

 

ダンスは「みせるもの」

ダイエットなどの目的でダンスをやる場合は、「自らのため」という意味合いが強くなりますが、基本的にダンスは他の人に「みせるもの」であるということが出来ます。ヒップホップダンスは特にその要素が濃いものでしょう。この「みせる」ですが、単に「見せる」であってもつまらないですよね。みる側も、単に視覚として認識...

≫続きを読む

 

ハードルを下げることは我々の使命

既にヒップホップダンスに携わっている人間にとって、裾野を広げることは、ヒップホップダンス業界全体のレベル向上のためにも、重要なことです。それはつまり、言い換えれば、未経験の人が参加しやすいようにハードルを下げてあげること、あるいは下げたそのハードルを周知させることです。要するに、中にいる人間が、外に...

≫続きを読む

 

ダンスが上達するとモテる!?

プロのヒップホップダンサーや、インストラクターを目指している人を除き、多くの人にとってヒップホップダンスは、人生において趣味の域を出ないものなのかもしれません。ですが、やってみれば分かります。ただの趣味にしておくには、あまりに楽しすぎるのです。この楽しさを、言葉で説明するのは非常に難しいのです。絵画...

≫続きを読む

 

舞台は、整いました

「幅広い層から注目」や「決して若者だけじゃない」のページで触れたように、今や50代・60代の方でもヒップホップダンスを趣味としてやっていたりする世の中になりました。そうかと思えば、キッズダンスなどと称し、どんどん低年齢化が進んでいるのも、「ヒップホップダンスの低年齢化」のページで言及した通りです。ま...

≫続きを読む

 

物事には順番がある

ダンスではよく「基本ステップ」などと言いますが、ヒップホップダンスにおいても、数多い基本ステップがあります。ダンスの上達においては、これらの基本ステップを、徹底的に繰り返し練習するというのが、もはや鉄板、要するに確実で間違いのない方法なのです。すなわちそれは、上達に向けたお決まりのセオリー、つまり、...

≫続きを読む

 

ヒップホップダンスの副次効果

ヒップホップダンスが上達し、踊れるようになると、実は様々な「副次効果」があるのです。「ダンスが上達するとモテる!?」などは顕著で分かりやすい例かもしれませんね(笑)。ただ、今回はそういった副次効果ではなく、心身的なものについてです。分かりやすいところで言うと、「ヒップホップダンスでダイエット?」や「...

≫続きを読む

 

基本を押さえた人は絶対に得

ヒップホップダンスに限らず、ビジネス上でも何でも、世の中の物事全体に関して言えることかもしれませんが、基本を押さえるということ、すなわち、対象の物事に対して、そもそもどういう構造でそれが成り立っているのかとか、どういう仕組みで動いているのかとか、基本原理はどういうものなのかとか、そもそも論とも言える...

≫続きを読む

 

長い目と大きな視野、そしてある種の割り切り

スポ根マンガよろしく、体育会系のノリで、「とにかく根性だ!」「上達しないのは気持ちが足りないんだ!」などと根性論で片づけるつもりは毛頭ございませんが、ただ、こういった根性論に代表されるようないわゆる精神論は、それはそれで頷ける部分、納得出来る部分があることも事実です。実際、何かにおいて成功したいとか...

≫続きを読む

 

ヒップホップダンスと怪我

ヒップホップダンスに限らずですが、ダンスをしていれば、怪我はつきものだと考えていて間違いはありません。怪我をすることは仕方のないものだと諦めるべき、という意味ではなく、だからこそ入念な対策(日々の体力強化やストレッチ、開始前のウォーミングアップなど)を心掛けたほうが良い、という意味です。割と多いのが...

≫続きを読む